• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明るさにつられて飛んで来た夏の虫が、火で焼け死ぬ意から、自分から進んで災いの中に飛び込むことのたとえ。

[補説]この句の場合、「入る」を「はいる」とは読まない。