• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

通常の超伝導体絶対温度約20度(セ氏マイナス約253度)以下で超伝導状態となるのに対し、これよりも高い温度で起こる超伝導のこと。一般には、液体窒素の沸点である絶対温度77度(セ氏マイナス196度)以上で起こるものをいう。

[補説]1986年に銅酸化物で初めて発見され、その功績によりベドノルツとミュラーは翌年のノーベル物理学賞を受賞した。