• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(梵)Ābhāsvara-devaの訳》色界第二禅天に属する天の一。ここにすむ天衆は音声を用いず、話すときは口から浄光を発して意を通じるという。密教では右手に蓮華を持ち、左手を腰におく姿に描かれる。極光浄天。光曜天。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉