エステル加水分解されて酸とアルコールになる化学反応。もと、油脂(エステル)をアルカリで加水分解して石鹸 (せっけん) を作る操作をさした。「鹸化作用」