• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

洋画家、岸田劉生による長女麗子の一連の肖像画。大正7年(1918)の「麗子五歳之像」に始まり、水彩・油彩・木炭淡彩などさまざまな手法で、合計70点以上の作品が描かれたとみられている。大正10年(1921)の作品「麗子微笑」などが有名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉