部首
(て・てへん)
画数
10(部首内画数:6 )
種別
常用漢字
漢検の級
2級
音読み
ケン [外]ゲン
訓読み
こぶし

意味

①こぶし。また、こぶしを使った武術。「拳闘」「鉄拳」 ②うやうやしいさま。「拳拳」 ③手や指をさまざまな形にして勝負を争う遊戯。きつねけん、じゃんけんなど。

旧字

拳
部首
(て・てへん)
画数
10(部首内画数:6 )
漢検の級
1級/準1級

拳の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ケン(漢) ゲン(呉) [訓]こぶし

〈ケン〉
  1. 握りこぶし。「拳銃空拳鉄拳

  1. 素手で行う武術や体操。「拳闘拳法太極拳

  1. 丸くかがんで慎むさま。「拳拳服膺 (けんけんふくよう) 

〈ゲン〉握りこぶし。「拳固拳骨

[名のり]かたし・つとむ

[難読]両拳 (じゃんけん)