• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三浦乾也の解説 - 小学館 大辞泉

[1821~1889]江戸末期から明治初期の陶工。江戸の人。号、天禄堂。乾也焼を創始。また、破笠 (はりつ) 細工にもすぐれ、その手法を応用したかんざし・笄 (こうがい) などの珠 (たま) は乾也玉とよばれて人気を博した。船・ガラスなども製造。