• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六如の解説 - 小学館 大辞泉

[1734~1801]江戸中期の天台宗の僧侶・漢詩人。近江の人。俗姓は苗村。名は慈周。六如は字。江戸寛永寺明静院、京都善光院住持。宋詩を範として新詩風を興したことで知られる。著作に「六如庵詩鈔」「葛原詩話」など。