• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾崎秀実の解説 - 小学館 大辞泉

[1901~1944]評論家。東京の生まれ。中国問題に詳しく、日本の中国侵略に反対していたが、ゾルゲ事件に連座し、検挙されて刑死。著「現代支那論」、獄中書簡集「愛情はふる星のごとく」など。

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉