朝永振一郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1906~1979]物理学者。東京の生まれ。三十郎の長男。東京教育大学学長。場の量子論において超多時間理論繰り込み理論を発表。量子電磁力学の発展に寄与し、昭和40年(1965)ノーベル物理学賞受賞。パグウォッシュ会議に参加するなど平和運動にも尽力。文化勲章受章。著「量子力学的世界像」「量子力学」など。

朝永振一郎の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
東京府東京市小石川区小日向三軒町(現・東京都文京区小日向)
生年月日
1906年3月31日 おひつじ座
没年月日
1979年7月8日(享年73歳)