• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柳家小さんの解説 - 小学館 大辞泉

落語家。

(3世)[1856~1930]江戸の人。本名、豊島銀之助。「らくだ」「うどん屋」などの上方落語を東京に移す。夏目漱石が名人と賞賛したことでも有名。
(4世)[1888~1947]東京の生まれ。本名、平山菊松。「長屋の花見」「湯屋番」「ろくろ首」などを得意とした。
(5世)[1915~2002]長野の生まれ。本名、小林盛夫。芸術祭奨励賞受賞。人間国宝。「親子酒」「宿屋の富」「粗忽 (そこつ) 長屋」などを得意とした。

柳家小さんの解説 - SOCKETS人物データベース

落語家。長野県出身で本名は小林盛夫。出囃子は「序の舞」。師匠の先代の柳家小さん(四代目)が急逝したために、一時期桂文楽(八代目)の預かり弟子になっていたこともある。1995年に人間国宝に認定された。
出生地
長野県
生年月日
1915年1月2日 やぎ座
没年月日
2002年5月16日(享年87歳)
別表記
柳家小さん 五代目 柳家小さん
父は人間国宝の5代目柳家小さん。東京都出身の落語家。
出生地
東京都
生年月日
1947年7月21日(74歳) かに座
別表記
小さん 小堀 義弘 小林 義弘 こほり よしひろ よっちゃん