• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

湯川秀樹の解説 - 小学館 大辞泉

[1907~1981]理論物理学者。東京の生まれ。小川琢治の三男。京大教授。中間子の存在を予言し、坂田昌一・武谷三男らと協力して中間子理論を展開。その後、非局所場の理論、素粒子の統一理論へと発展させた。パグウォッシュ会議参加など、平和運動にも活躍。昭和18年(1943)文化勲章受章。昭和24年(1949)、日本人最初のノーベル物理学賞を受賞。著「素粒子」「現代科学と人間」など。

湯川秀樹の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
京都府京都市
生年月日
1907年1月23日 みずがめ座
没年月日
1981年9月8日(享年74歳)
別表記
湯川博士