• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

男谷精一郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1798~1864]江戸後期の幕臣・剣客。直心影 (じきしんかげ) 流の達人で、江戸に道場をもつ。のち、講武所頭取兼剣術師範役をつとめ、後世剣聖と呼ばれた。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉