• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

相馬大作の解説 - 小学館 大辞泉

[1789~1822]江戸後期の南部藩士。本名、下斗米秀之進 (しもとまいひでのしん) 。もと南部家に臣従していた津軽家が、主家以上の権勢を得たことに義憤を感じて津軽侯殺害を計画したが発覚。江戸で捕らえられて刑死。