• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茶屋四郎次郎の解説 - 小学館 大辞泉

安土桃山・江戸時代の京都の豪商。四郎次郎は歴代の通称。初代清延・2代清忠・3代清次・4代道澄・5代延宗と、徳川家の呉服師、朱印船貿易商、糸割符商として巨利を得た。