• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近松半二の解説 - 小学館 大辞泉

[1725~1783]江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。儒学者穂積以貫 (ほづみこれつら) の子。2世竹田出雲の門人。その作の多くは合作であったが、舞台技巧にすぐれていた。代表作「奥州安達原」「本朝廿四孝」「妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん) 」「新版歌祭文」など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉