• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

都太夫一中の解説 - 小学館 大辞泉

[1650~1724]江戸前期の浄瑠璃太夫。初世。京都の人。本願寺派明福寺の住職。還俗して岡本文弥門下の都万太夫に浄瑠璃を学び、のち一中節を創始。以来現在まで一中節都派の家元名となっている。都一中。