• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

都築弥厚の解説 - 小学館 大辞泉

[1765~1833]江戸時代の豪農。三河の生まれ。矢作川から灌漑 (かんがい) 用水路(現明治用水)を引くため私財を投じて測量、幕府に願書を提出。工事が許可されるも実行前に破産・病没。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉