• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

都賀庭鐘の解説 - 小学館 大辞泉

[1718ころ~1794ころ]江戸中期の読本 (よみほん) 作者・儒医。大坂の人。上田秋成の師。号、近路行者 (きんろぎょうじゃ) など。中国の白話小説を翻案して初期読本の先駆をなした。作「英草紙 (はなぶさそうし) 」「繁野話 (しげしげやわ) 」「莠句冊 (ひつじぐさ) 」など。