1. 江戸時代の小説の一種。絵を主とした草双紙に対して、読むことを主体とした本の意。寛延・宝暦(1748~1764)のころに上方 (かみがた) に始まり、文化・文政期(1804~1830)に江戸を中心に流行した。空想的、伝奇的な要素が強く、因果応報勧善懲悪の思想などを内容とする。和漢混交雅俗折衷の文体で書かれ、体裁は半紙本が多い。上方中心の前期は上田秋成建部綾足 (たけべあやたり) ら、江戸中心の後期は山東京伝曲亭馬琴らが代表的作者で、「雨月物語」「南総里見八犬伝」などが著名。

  1. 古文書をわかりやすく現代の文字に直したもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース