• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山東京伝の解説 - 小学館 大辞泉

[1761~1816]江戸後期の戯作者・浮世絵師。江戸の人。本名、岩瀬醒 (いわせさむる) 。通称、京屋伝蔵。浮世絵を北尾重政に学び、北尾政演 (まさのぶ) と名乗る。のち、戯作に筆をふるった。寛政の改革洒落本が発禁になり、手鎖 (てぐさり) 50日の刑を受け、以後は読本を書いた。洒落本「通言総籬 (つうげんそうまがき) 」「傾城買四十八手」、黄表紙江戸生艶気樺焼 (えどうまれうわきのかばやき) 」、読本「桜姫全伝曙草紙」、考証随筆「骨董集」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉