• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天明7年(1787)から寛政5年(1793)にかけて、老中松平定信が行った幕政改革。享保の改革を理想として、倹約、備荒貯蓄の奨励、棄捐 (きえん) 令人返し異学の禁などの政策を遂行したが、景気が沈滞し、町人らの不満を買った。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉