1. 利益があること。役立つこと。「為にならない本」「子供の為を思う」

  1. 原因・理由。わけ。「雨の為に延期する」

  1. 目的や期待の向かうところ。「健康の為に運動をする」

  1. 一定の関係のあること。…にとっては。「私の為には叔父にあたる」

  1. ためておくこと。また、ためておくところ。「バックスイングに溜めをつくる」

  1. こえだめ。

  1. 江戸時代、牢 (ろう) 内で重病になった者および15歳未満の者を入れた施設。浅草と品川にあった。

相手と対等、または同等であることをいう俗語。地位や力関係、年齢などについていう。「ためを張る(=張り合う)」「ため口

[補説]さいころ賭博 (とばく) で、二つのさいの目が同じになることからという。

出典:gooニュース