[名](スル)
  1. 逃げだして行方をくらますこと。逐電 (ちくでん) 。「親に逆らって郷里を出奔する」

  1. 江戸時代、徒士 (かち) 以上の武士の失踪 (しっそう) をいう。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫