1. 主要な街道に1里(約3.927キロ)ごとに築かれた塚。榎 (えのき) などが植えられ、旅人のための里程標となった。

  1. 大きな仕事や目標へむかう過程での一つの段階。「遠大な計画の一里塚ともなる事業が成った」

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫