• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の洒落本。1冊。山東京伝作。天明7年(1787)刊。黄表紙「江戸生艶気樺焼 (えどうまれうわきのかばやき) 」の続編の体裁で、新吉原大籬 (おおまがき) での通 (つう) のあり方を細密・巧妙に描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉