江戸中期から後期にかけて、主として江戸で流行した遊里文学。うがちを主題に、遊里の内部や遊女・遊客の言動を、会話を主にして写実的に描いたもの。寛政の改革で、風俗壊乱を理由に一時禁止された。ふつう、書型は半紙四つ折りの小形本。山東京伝の「通言総籬 (つうげんそうまがき) 」「傾城買四十八手」などが代表作。蒟蒻本 (こんにゃくぼん) 。小本 (こほん) 。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫