鈴木梅太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1943]農芸化学者。静岡の生まれ。東大教授。明治42年(1909)米ぬかから脚気 (かっけ) に効く成分(ビタミンB1)の抽出に成功、オリザニンと命名。翌年発表し、ビタミン発見の先駆をなした。文化勲章受章。著「ビタミン」「ホルモン」など。

鈴木梅太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
静岡県榛原郡堀野新田村
生年月日
1874年4月7日 おひつじ座
没年月日
1943年9月20日(享年69歳)