• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陸秀夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1236~1279]中国、南宋末の忠臣。字 (あざな) は君実。塩城(江蘇省)の人。の恭宗がに下ったあと、張世傑らと子の益王(瑞宗)を擁して戦い、その没後は衛王を奉じて崖山(広東省)に移ったが敗れて衛王とともに入水 (じゅすい) した。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉