• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黒住宗忠の解説 - 小学館 大辞泉

[1780~1850]江戸後期の神道家。黒住教の教祖。備前国御野郡の禰宜 (ねぎ) で、大病の回復と神秘体験を得て回心、黒住教を開いた。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉