出典:デジタル大辞泉(小学館)

歳月のきわまりないこと。長い年月。永遠。

「運命は一重の壁に思う人を―に隔てると共に」〈漱石虞美人草