ヒナゲシの別名。虞美人が自決したときの血が、この花になったという伝説がある。 夏》

[補説]書名別項。→虞美人草

夏目漱石の小説。明治40年(1907)発表。自我の強い高慢な女藤尾を通して、利己と道義の相克を描く。

出典:青空文庫