出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「エクオリン」とも》生物発光物質の一。発光たんぱく質の一種で、カルシウムを感受して青い光を放つ。1962年に海洋生物学者の下村脩により、緑色蛍光たんぱく質(GFP)とともにオワンクラゲから発見・抽出された。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉