出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で定められた男子の朝服 (ちょうふく) 。日常の参朝の服だが、平安時代以降、天皇以下の文官武官が朝廷の儀式・公事に着用した。文官は縫腋 (ほうえき) の袍 (ほう) 、武官は闕腋 (けってき) の袍を原則とする。構成は半臂 (はんぴ) 下襲 (したがさね) 衵 (あこめ) 単 (ひとえ) 表袴 (うえのはかま) 大口 (おおくち) 石帯 (せきたい) 帖紙 (たとう) 笏 (しゃく) 襪 (しとうず) ・靴などで、武官と帯剣勅許の文官は太刀平緒 (ひらお) で佩用 (はいよう) する。昼 (ひ) の装束 (そうぞく) 。

出典:青空文庫