出典:デジタル大辞泉(小学館)

沖縄県那覇市にある拝所 (うがんじゅ) の石門。首里城守礼門と歓会門の中間にあり、石門と後方の山地を総称して園比屋武御岳という。石門は永正16年(1519)に建立。昭和8年(1933)国宝に指定されたが、沖縄戦の戦禍を被り大破した。戦後、修復され、昭和47年(1972)重要文化財。平成12年(2000)「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→琉球

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉