ていとう‐じきながれ〔テイタウヂキながれ〕【抵当直流れ】 の意味

  1. 債務弁済されないとき、特約により抵当物件の所有権が債権者に移転すること。あるいは債権者が任意に換価して弁済にあてること。流 (りゅう) 抵当。流れ抵当。