出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

《格助詞「と」+副助詞「か」》はっきりしない事柄を指示する意を表す。「家族が病気だとかで困っているらしい」
[補説]中世以前の「とか」は、「か」を係助詞として扱うのが普通。
《並立助詞「と」+副助詞「か」》
  1. 事物や動作・作用を例示的に並列・列挙する意を表す。「漱石とか鴎外とかといった文人」「見るとか見ないとか騒いでいる」→とかや

[補説]「かゆいとか痛いなんて言っていられない」のように、末尾の事象(この文では「痛い」)に「とか」をつけない用い方もある。
  1. 断定を避け、あいまいにするために語の後に付ける。「学校とかから帰る」

[補説]1990年代前半から若者の間で使われ、すぐに大人にも広まった。多用する話し方を「とか弁」ともいう。→方 (ほう)