出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]なんじょう」に同じ。
    1. 「―、かかる見苦しき人がさる事は思ひかくる」〈落窪・一〉

[連体]なんじょう」に同じ。
    1. 「さる幼きほどなれば、―わざをもえせず」〈宇津保・俊蔭〉

    2. 「―事にさはりて、その所に暮らしつる」〈・一八一〉