出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]なつか・し[シク]《動詞「なつ(懐)く」の形容詞化》
  1. 心がひかれて離れがたい。

    1. ㋐魅力的である。すぐそばに身を置きたい。

      「三蔵は少し葉蔭になっている他の(牡丹ノ)一輪を―・く見る」〈虚子俳諧師

    2. 「霞立つ長き春日をかざせれどいや―・しき梅の花かも」〈・八四六〉
    3. ㋑好感がもてて近付きになりたい。親しくしたい。

      「目鼻立の好い男は、…、利いた風で―・くない」〈鴎外

  1. かつて慣れ親しんだ人や事物を思い出して、昔にもどったようで楽しい。「30年振りに―・い顔ぶれがそろった」「遠い昔が―・く思い出される」

  1. 引き寄せたいほどかわいい。いとおしい。

    1. 「気配、姿、みめありさま、かうばしく―・しき事限りなし」〈宇治拾遺・六〉

  1. 衣服などがなじんで着ごこちがよい。

    1. 「―・しき程の直衣に」〈・夕霧〉

[派生]なつかしがる[動五]なつかしげ[形動]なつかしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース