出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎は地をはい、葉は手のひら状に浅く裂けている。夏、黄色の花が咲く。果実は楕円形で、黄・緑色などの縞模様があり、甘く、食用。漢方では未熟果の萼 (がく) を乾燥し、催吐 (さいと) 薬に用いる。インドの原産。古くから世界各地で栽培され、日本では美濃国真桑村(岐阜県本巣市)産が有名であったところからの名という。甜瓜 (てんか) 。あじうり。あまうり。まくわ。 夏》「吹井戸やぽこりぽこりと―/漱石

出典:青空文庫