出典:デジタル大辞泉(小学館)

サルの古名。ましら。

「よもすがら嘆きあかせばあか月に―の一声聞くぞ悲しき」〈右京大夫集