出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「あ(飽)く」の未然形+打消しの助動詞「ず」のク語法+格助詞「に」》
  1. (詠嘆の意で)満足しないのになあ。あきたりないのになあ。

    1. 「明けぬべく千鳥しば鳴く白たへの君が手枕 (たまくら) いまだ―」〈・二八〇七〉

  1. (逆接の意で)満ち足りないのに。十分と思わないのに。

    1. 「―まだきも月のかくるるか山の端 (は) にげて入れずもあらなむ」〈伊勢・八二〉