• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《推量の助動詞「べし」の未然形+打消しの助動詞「」》
  1. (文末に用いて)禁止を表す。…してはいけない。…するな。「展示品に手を触れる―◦ず」

    1. 「乙若殿も泣く―◦ず。我も泣くまじきなり」〈平治・下〉

  1. (「ざるべからず」の形で)指示や命令を強調する意を表す。…せよ。「人の危難を見ては救助せざる―◦ず」

  1. 不可能を表す。…できない。「許す―◦ざる行為」

    1. 「羽なければ、空をも飛ぶ―◦ず」〈方丈記

  1. 当然の意の打消しを表す。…するはずがない。

    1. 「珍しからぬ事のままに心得たらん、よろづ違ふ―◦ず」〈徒然・七三〉

[補説]「べからず」は、平安時代では多く漢文訓読に使われた。現代では、やや改まった場合や文章語表現に用いられ、3は「べからざる」の形をとることが多い。動詞・助動詞に接続するとき、文語活用の終止形に付くこともある。