出典:デジタル大辞泉(小学館)

岡山県中西部、高梁 (たかはし) 市にある山。標高487メートル。山頂に近い場所には、現存する天守をもつ山城 (やまじろ) としては最も高い所(標高420メートル)にある国指定史跡の備中 (びっちゅう) 松山城がある。天守は国の重要文化財。一帯は臥牛山自然動物園で、野生のニホンザルは天然記念物。名の由来は、山容が老牛が横になって草をはむ姿に似ていることから。