出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ特活]《「あんす」の音変化》江戸時代の遊里語。…であります。
  • 「ながなが九郎兵衛殿を囲 (かく) まうて下はって過分に―・す」〈浄・浪花鑑
[補説]「あります」が「ありんす」→「あんす」→「えんす」と変化したもの。一説に「ござります」の変化ともいう。

出典:青空文庫