出典:デジタル大辞泉(小学館)

Pegunungan Barisan》インドネシア、スマトラ島西岸を走る脊梁 (せきりょう) 山脈。北西から南東まで約1700キロメートルを貫き、最高峰のクリンチ山をはじめ、12の活火山が並ぶ。カルデラ湖のトバ湖など、火山性の地形が多い。またパダン高原やバタク高原は温和な気候に恵まれ、古くから人口が集中した。バリサーン山脈。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉