出典:デジタル大辞泉(小学館)

特定の物質と特異的・選択的に結合するアプタマーという核酸分子を利用した薬剤。分子標的治療薬の一種。疾患の原因となる細胞やウイルスなどに結合して生理活性を阻害することで、副作用の少ないすぐれた薬効を示す。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉