出典:デジタル大辞泉(小学館)

大庭みな子の長編小説。性と死、人間の存在の不確実性を前衛的手法で描く。昭和57年(1982)刊。同年、第18回谷崎潤一郎賞受賞。タイトルは老子道徳経の象元第25章にある一文にちなむ。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉