出典:デジタル大辞泉(小学館)

コンピューターを使って高度な画像処理をすることを前提とした写真撮影。ライトフィールドカメラをはじめ、光線の入射方向に関する情報も記録することで、撮影後にピントを前後に移動させたり、被写界深度を変えてぼけを調節したり、視点が異なる画像や立体画像を出力したりすることができる。次世代のカメラ技術として注目されている。