出典:デジタル大辞泉(小学館)

栃木県北東部の市。もと大田原氏の城下町、奥州街道の宿場町として発展。県北の商業中心地。ハトウガラシの栽培も盛ん。平成17年(2005)10月に湯津上 (ゆづかみ) 村・黒羽町を編入。人口7.8万(2010)。